読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「SXSW」 交通手段・uber編

みなさん、こんにちは。22世紀アートスタッフのYです。
東京は寒くなったり暑くなったりと忙しいですね。
先週末社長が出張で北海道へ行っていたのですが、お土産で
イクラと蟹味噌を買ってきてくれました!!!!!
蟹味噌はまだ食べていないんですが、イクラの美味しさたるや....

f:id:staffblog22art:20161028110314j:plain

f:id:staffblog22art:20161028110303j:plain

ぷっちんぷっちん♡
隣に座っている私の先輩への土産は北海道の形をしたキーホルダー...
先輩、俺だけさーせん。。


さて、今週は前回お伝えした通りオースティン・SXSW交通手段編です。
アメリカでもニューヨークやサンフランシスコのような都市であれば地下鉄やバスの移動で問題ありませんし、色々行けると思いますが他の都市ではやはり車が
あったほうが便利ですね。
レンタカーを借りることになるので保険も含めそれなりのお金が出ていきますし、
運転の恐怖もありますが現地での行動範囲を考えると旅の充実度が変わってくると思います。

今回私たちはロサンゼルスに滞在してからオースティンへ移動しましたがロサンゼルスでもオースティンでもレンタカーを借りました。オースティンではありませんが参考までにロサンゼルスでのレンタカー代金は以下の通りでした。
車は一番小さい車種でハイウェイを飛ばしてると不安で不安で仕方なくなります。

三泊四日
車両レンタカー 78ドル
カーナビレンタル 15ドル
対人対物保険 33ドル
追加自動車損害補償保険 30ドル
搭乗者損害保険 18ドル
自車両損害保障制度 36ドル
空港からの送迎 5ドル
州の車両登録費 3ドル
消費税(9%) 7ドル
合計約224ドル

お分かりの通り、私心配性でして保険には万全を期しております。笑。
借りたレンタカーショップはsakura rent a carという日本語が通じるレンタカーなのですがこちらのカーナビは日本語対応していて分かりやすいです。
https://www.sakura-rentacar.com/

 

 

オースティンでのレンタカーはH.I.S.を利用して予約をしました。
http://cars.his-j.com/
HertzやAlamoなど大手レンタカーの金額比較ができるので便利ですね。
検索して一番安かったHertzで車種はミッドサイズ 2/4ドア、安心の国産車トヨタのカムリを借りました。なかなかいい乗り心地でしたよ。おまかせ!ナビクーポンという保険、ガソリン満タン返し不要、カーナビがセットになっているプランで金額は5泊6日 53,000円でした。

ちなみにオースティンのオースティン・バーグストーム国際空港からダウンタウンへは車で20分ぐらいとかなり近いです。


オースティンへ到着し、空港に直結しているレンタカーの受付へ行くと笑顔で迎えてくれるスタッフの方。どこから来たの?とかSXSW行くの?とか質問してきたりとフレンドリーでなんか嬉しい。
というわけでここまで車を借りるまで順調に来たわけですが、我々がここで借りたレンタカーを実際どれぐらい活用したのかというと、実はそんなに使わなかったんです。というかSXSWへ行くのに一度も車は使わなかったです。海外によく言っている方はご存知かと思いますが宿泊先とSXSWが行われているダウンタウンの往復はすべてuberを利用しました。

 

https://www.uber.com/

f:id:staffblog22art:20161028112527j:plain

これがまた本当に便利で便利で一度使って便利さを知ってしまったらレンタカー運転してダウンタウンへ行こうなんていう気が一切起きなかったです。。
uberは簡単に言うと車を呼ぶことから支払までをスマートフォン一つで完結できる配車サービスです。
アプリを立ち上げるとトップ画面に自分がいる地図が表示されるので来てもらいたい場所にピンを置き、行先を入力します。

 

f:id:staffblog22art:20161028113352p:plain

そうすると金額が表示され近くにいるUberドライバーが迎えに来てくれるのですが、残り何分で迎えに来ますと表示がされます。また迎えに来てくれるドライバーの顔写真と車種が表示されるため待っている身としては相手が分かりやすくて良いです。そして何より便利なのがuberは登録する際にクレジットカードの登録をするので支払のわずらわしさがないのです。そしてアメリカでは特にそうだと思いますが、表示された金額はチップ込みなので、えっとチップが15%だから...なんていうめんどくさい計算がいらなくそのまま降りるだけ。金額はタクシーとほとんど変わらないと思います。いろんな車種に乗れるのも楽しかったりします。バリバリのアメ車に乗れるの楽しいですよ。笑。シボレーインパラにも乗れました。笑

 

f:id:staffblog22art:20161028114401p:plain

f:id:staffblog22art:20161028114411p:plain

f:id:staffblog22art:20161028114428p:plain

f:id:staffblog22art:20161028114438p:plain

ドライバーさんとの出会いも良いもので、ドライバーさんは基本みんな親切で優しいです。乗ると水をくれたりアメをくれたりと。今回出会ったドライバーさんで印象深かった方が居ました。昔、日本にある大企業で社員教育として英語を教えていたという40歳ぐらいの男性ドライバーで乗ったらすぐに「こんばんは!」と言われ驚きました。笑。オースティンでアメリカ人と日本語で会話が出来るとは思ってもおらず嬉しかったです。そして、そのドライバーはブラックミュージックが大好きなようで私がその時着ていたA Tribe Called QuestのTシャツにえらい反応していました。笑。Anderson PaakとBJ The Chicago Kidが見たいんだよと話したら間違いないねーってなことを言ってました。あとはタコスの美味しいお店を教えてくれたりと、たった15分ぐらいでしたが楽しい時間でしたね。Whole Foods Marketの本社がオースティンにあるのでその説明をしてくれたドライバーなんかもいました。とにかく便利なだけじゃなく、そんな出会いがあるのもタクシーとは違っていいですよね。


今回我々はオースティン滞在中に10回以上Uberを利用しました。レンタカーでダウンタウンへ行き、一方通行だらけの道で駐車場を探すのに苦労して、やっと探したところが一日50ドルでメインストリートから離れるとかだとさすがに辛いだけなのでSXSWへ行ったらuberを使いましょう!
と声高々に言いたいところなのですが、なんとUberがオースティンから撤退してしまったのです。。市内のタクシー運転手を対象に、犯罪歴調査を義務付けたことにUberが反発し撤退したようです。

f:id:staffblog22art:20161028114900p:plain

ただ、さすがそこはアメリカというかIT産業が発展しているオースティンだけあってNPOが配車サービスを立ち上げたようです。こちらに記載されておりました。

techable.jp


すぐに新しいサービスが生まれるのはさすがです。uberがオースティンで復活するという話もあるようなので少し期待して待ちたいですね。

というわけでオースティンでのレンタカー代は53,000円でしたのでこれまでの旅行代を合計すると飛行機代と宿泊代の合計175,982円+uber26,500円(1名分)=202,482円です。
今週は2週分ということで少し長くなってしまいました。
次回はSXSW番外編でオースティンで食べた美味しいものでも紹介しようと思います。


では次回!