読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「SXSW」 交通手段・uber編

みなさん、こんにちは。22世紀アートスタッフのYです。
東京は寒くなったり暑くなったりと忙しいですね。
先週末社長が出張で北海道へ行っていたのですが、お土産で
イクラと蟹味噌を買ってきてくれました!!!!!
蟹味噌はまだ食べていないんですが、イクラの美味しさたるや....

f:id:staffblog22art:20161028110314j:plain

f:id:staffblog22art:20161028110303j:plain

ぷっちんぷっちん♡
隣に座っている私の先輩への土産は北海道の形をしたキーホルダー...
先輩、俺だけさーせん。。


さて、今週は前回お伝えした通りオースティン・SXSW交通手段編です。
アメリカでもニューヨークやサンフランシスコのような都市であれば地下鉄やバスの移動で問題ありませんし、色々行けると思いますが他の都市ではやはり車が
あったほうが便利ですね。
レンタカーを借りることになるので保険も含めそれなりのお金が出ていきますし、
運転の恐怖もありますが現地での行動範囲を考えると旅の充実度が変わってくると思います。

今回私たちはロサンゼルスに滞在してからオースティンへ移動しましたがロサンゼルスでもオースティンでもレンタカーを借りました。オースティンではありませんが参考までにロサンゼルスでのレンタカー代金は以下の通りでした。
車は一番小さい車種でハイウェイを飛ばしてると不安で不安で仕方なくなります。

三泊四日
車両レンタカー 78ドル
カーナビレンタル 15ドル
対人対物保険 33ドル
追加自動車損害補償保険 30ドル
搭乗者損害保険 18ドル
自車両損害保障制度 36ドル
空港からの送迎 5ドル
州の車両登録費 3ドル
消費税(9%) 7ドル
合計約224ドル

お分かりの通り、私心配性でして保険には万全を期しております。笑。
借りたレンタカーショップはsakura rent a carという日本語が通じるレンタカーなのですがこちらのカーナビは日本語対応していて分かりやすいです。
https://www.sakura-rentacar.com/

 

 

オースティンでのレンタカーはH.I.S.を利用して予約をしました。
http://cars.his-j.com/
HertzやAlamoなど大手レンタカーの金額比較ができるので便利ですね。
検索して一番安かったHertzで車種はミッドサイズ 2/4ドア、安心の国産車トヨタのカムリを借りました。なかなかいい乗り心地でしたよ。おまかせ!ナビクーポンという保険、ガソリン満タン返し不要、カーナビがセットになっているプランで金額は5泊6日 53,000円でした。

ちなみにオースティンのオースティン・バーグストーム国際空港からダウンタウンへは車で20分ぐらいとかなり近いです。


オースティンへ到着し、空港に直結しているレンタカーの受付へ行くと笑顔で迎えてくれるスタッフの方。どこから来たの?とかSXSW行くの?とか質問してきたりとフレンドリーでなんか嬉しい。
というわけでここまで車を借りるまで順調に来たわけですが、我々がここで借りたレンタカーを実際どれぐらい活用したのかというと、実はそんなに使わなかったんです。というかSXSWへ行くのに一度も車は使わなかったです。海外によく言っている方はご存知かと思いますが宿泊先とSXSWが行われているダウンタウンの往復はすべてuberを利用しました。

 

https://www.uber.com/

f:id:staffblog22art:20161028112527j:plain

これがまた本当に便利で便利で一度使って便利さを知ってしまったらレンタカー運転してダウンタウンへ行こうなんていう気が一切起きなかったです。。
uberは簡単に言うと車を呼ぶことから支払までをスマートフォン一つで完結できる配車サービスです。
アプリを立ち上げるとトップ画面に自分がいる地図が表示されるので来てもらいたい場所にピンを置き、行先を入力します。

 

f:id:staffblog22art:20161028113352p:plain

そうすると金額が表示され近くにいるUberドライバーが迎えに来てくれるのですが、残り何分で迎えに来ますと表示がされます。また迎えに来てくれるドライバーの顔写真と車種が表示されるため待っている身としては相手が分かりやすくて良いです。そして何より便利なのがuberは登録する際にクレジットカードの登録をするので支払のわずらわしさがないのです。そしてアメリカでは特にそうだと思いますが、表示された金額はチップ込みなので、えっとチップが15%だから...なんていうめんどくさい計算がいらなくそのまま降りるだけ。金額はタクシーとほとんど変わらないと思います。いろんな車種に乗れるのも楽しかったりします。バリバリのアメ車に乗れるの楽しいですよ。笑。シボレーインパラにも乗れました。笑

 

f:id:staffblog22art:20161028114401p:plain

f:id:staffblog22art:20161028114411p:plain

f:id:staffblog22art:20161028114428p:plain

f:id:staffblog22art:20161028114438p:plain

ドライバーさんとの出会いも良いもので、ドライバーさんは基本みんな親切で優しいです。乗ると水をくれたりアメをくれたりと。今回出会ったドライバーさんで印象深かった方が居ました。昔、日本にある大企業で社員教育として英語を教えていたという40歳ぐらいの男性ドライバーで乗ったらすぐに「こんばんは!」と言われ驚きました。笑。オースティンでアメリカ人と日本語で会話が出来るとは思ってもおらず嬉しかったです。そして、そのドライバーはブラックミュージックが大好きなようで私がその時着ていたA Tribe Called QuestのTシャツにえらい反応していました。笑。Anderson PaakとBJ The Chicago Kidが見たいんだよと話したら間違いないねーってなことを言ってました。あとはタコスの美味しいお店を教えてくれたりと、たった15分ぐらいでしたが楽しい時間でしたね。Whole Foods Marketの本社がオースティンにあるのでその説明をしてくれたドライバーなんかもいました。とにかく便利なだけじゃなく、そんな出会いがあるのもタクシーとは違っていいですよね。


今回我々はオースティン滞在中に10回以上Uberを利用しました。レンタカーでダウンタウンへ行き、一方通行だらけの道で駐車場を探すのに苦労して、やっと探したところが一日50ドルでメインストリートから離れるとかだとさすがに辛いだけなのでSXSWへ行ったらuberを使いましょう!
と声高々に言いたいところなのですが、なんとUberがオースティンから撤退してしまったのです。。市内のタクシー運転手を対象に、犯罪歴調査を義務付けたことにUberが反発し撤退したようです。

f:id:staffblog22art:20161028114900p:plain

ただ、さすがそこはアメリカというかIT産業が発展しているオースティンだけあってNPOが配車サービスを立ち上げたようです。こちらに記載されておりました。

techable.jp


すぐに新しいサービスが生まれるのはさすがです。uberがオースティンで復活するという話もあるようなので少し期待して待ちたいですね。

というわけでオースティンでのレンタカー代は53,000円でしたのでこれまでの旅行代を合計すると飛行機代と宿泊代の合計175,982円+uber26,500円(1名分)=202,482円です。
今週は2週分ということで少し長くなってしまいました。
次回はSXSW番外編でオースティンで食べた美味しいものでも紹介しようと思います。


では次回!

「SXSW」 準備・Airbnb編

みなさん、こんにちは。22世紀アートスタッフのYです。少しずつブログにアクセスしてくれいる方が増えているみたいで嬉しいです。こんな感じで続けていければと思ってます。よろしくお願いします!

 

前回は準備・航空券編ということで飛行機の予約諸々を書きましたが
意外にも反響があったのがデルタ航空機内食でした。
というわけで、最後に写真載せておきました。見てみてください。笑 

 

さて、今回は準備・Airbnb編ということで宿泊に関してのことを書いていきます。

前回SXSW期間中のホテルが高いというお話をしましたが、実際にhotels.comで今時点でのホテルの金額を見てみました。ウェスティンオースティンダウンタウンは何もない時の宿泊代一泊25,000円程度、SXSW期間は一泊125,000円でした。。五泊となるとそれだけで60万超えです。さすがに高すぎますね。

f:id:staffblog22art:20161013150326p:plain

そこで私たちが利用したのがAirbnbです。Airbnbは一般の人が宿泊施設として家や部屋を貸し出すサービスで国際的に利用者が増加しています。日本でも段々認知されはじめていると思いますが実際に使ったことがある人はあまりいないのではないでしょうか。
私たちも今回まで一度も利用したことがありませんでした。メリットとしてはやはりホテルに比べて安く済むことが大きいとは思いますが、デメリットとしては部屋のオーナー(以後ホスト)と直接やり取りをしなくてはいけないのである程度の英語力が求められることや直接会って鍵の受け渡しをしなくてはいけないことがあると思います。ただ、英語でのやり取りと言ってもAirbnbサイト上でホストに借りたいということや何時に着くとかそれぐらいのことを伝えるだけなので対して問題ではないと思います。

Airbnbの検索画面で場所、宿泊日、予算、部屋タイプ(まるまる貸切、個室、シェアルーム)を選ぶと候補先が出てきます。候補先を選んだ後、直接ホストへ連絡をし交渉をしていく流れになります。

f:id:staffblog22art:20161013145522p:plain

f:id:staffblog22art:20161013145529p:plain

f:id:staffblog22art:20161013145645p:plain

私たちはオースティンのダウンタウンから車で10分程度の場所にあるマンションに泊まることができました。探しているうちにどんどんと無くなっていくので早め早めがよさそうですね。

私たちが部屋を探すうえで重要視したのはダウンタウンまでの交通手段でした。レンタカーを借りる予定ではありましたが、SXSW期間中のダウンタウンの駐車場は一日50ドル近いという情報があったのでバスでの移動が便利な場所を選びました。大体ダウンタウンへの時間や交通手段などが記載されていると思うので参考にするとよいですね。ただ、実際にはUberというこの旅において一番活用させてもらったサービスのおかげでバスには一度も乗りませんでした。。(Uberに関しては次回書きます。)
部屋を貸す貸さないはAirbnbでのこれまでの利用した評価が信頼となるようで、私たちは初めてAirbnbを登録して申し込みをしていたため、これまでの利用した評価が何もなく結構断られました。。実際今回貸してくれた方からもこれまでの評価が何もないのが不安なので、簡単な自己紹介と同行者がどんな人なのかを教えてくださいとメッセージがありました。SXSWへ行くことが夢だったと伝えたところ即答でOKが出ましたが。笑。

というわけで宿泊代の金額はこちらです。
宿泊代 16,701円 x 5泊 83,507円
Airbnb サービス料 10,438円
合計 93,945円÷2
1人当たり 46,972円

飛行機代と宿泊代の合計が175,982円となりました。

こちらが実際泊まった部屋です!どうですか、なかなか良いでしょう?笑

f:id:staffblog22art:20161013153313j:plain

 

f:id:staffblog22art:20161013153329j:plain

f:id:staffblog22art:20161013153345j:plain

f:id:staffblog22art:20161013153359j:plain

ちなみにAirbnbにおいてもSXSW期間は通常期の倍近い金額が設定されています。

というわけで準備・予約編は終了です。
次回はオースティン・sxswでの交通手段について書きたいと思います。


おまけ
デルタ空港の機内食

離陸してまず出てきたのがこちら。

f:id:staffblog22art:20161013152115j:plain

チキンの水分がどっか行っちゃってました。

お世辞にも美味しいとは言えない。。

f:id:staffblog22art:20161013152137j:plain

 

到着前のごはんはこちら。エッグベネディクト風。

 

f:id:staffblog22art:20161013152147j:plain

 

「SXSW」 準備・航空券編

こんにちは、22世紀アートスタッフのYです。
あっという間に9月も終わって今年も残すところ3ヶ月ですね。
クリスマスのあの雰囲気が好きな私にとって一年で一番心が躍る季節がやってきます。笑。

さて、皆さんは毎年3月にアメリカのテキサス州オースティンで開催されている音楽(Music)、映画(Film)、テクノロジー(Interractive)の祭典「SXSW(サウスバイサウスウエスト)」をご存じでしょうか。10万人以上の来場者を集め、今年はオバマ大統領、ミシェル夫人もスピーチをするぐらい大規模なフェスティバルになっています。

f:id:staffblog22art:20161004110336p:plainもともと音楽業界に身を置いていた私にとって、日本ではなかなか見ることの出来ないアーティストのライブが一挙に見ることのできる「SXSW」はいつか行ってみたい、と長年思い続けていた憧れの海外フェスでした。前職はありがたいことにある程度時間を自由に使いながら働かせてもらっていたので行くなら今しかない!ということで休みをもらい今年の3月に「SXSW」へ行ってまいりました。いざ行くと決めてから「SXSW」のことを色々調べましたが、とにかく情報が少なかったのでブログとして残して、少しでもこれから行く人の参考になればと思います。といっても、仕事として行ったわけではなく遊びで行ったので情報に偏りがあります。ご了承ください。笑。

 

では、準備編スタートです!

 

私たち(嫁も一緒に行きました)が「SXSW」へ行こうと決めたのは昨年10月末でした。
そのときに知っている情報はチケット(Badge)がめちゃくちゃ高額、そしてその時期はホテルも高いということぐらいでした。いざ調べてみると音楽、映画、ITすべてに適用されるBadgeと単体でのBadgeが存在し、販売価格は開催が近くなるにつれ高くなっていくということ、そしてBadgeを購入すると「SXSW」が確保しているホテルの予約ができるということでした。
私たちが行くのは音楽開催期間なのでホームページで調べてみると、Music Badgeは安い時期でも650ドル、直前になると約900ドルとかなり高額で正直行くことを諦めようかと思うぐらいの金額、ホテルも高額でとてもじゃないが泊まれるような金額ではありませんでした。

f:id:staffblog22art:20161004110522j:plain


そこで行ったことのある知人に聞いてみたところ、無料のライブもいっぱいあるし、当日会場のエントランスで10ドルぐらい払えば見れるライブもいっぱいあるよ、とのこと。
そして泊まる場所はAirbnbを使って探したと。それならその方向で行こうと決め、11月上旬から飛行機の手配、ホテルの手配を始めました。

日本からはオースティンへの直行便がないため、私たちはロサンゼルス経由を選びました。ロサンゼルスで三日ほど滞在し、オースティンへ移動するスケジュールで飛行機の予約をしましたが、旅行会社へ行って言われたことは日本・ロサンゼルス間の飛行機は席に余裕があるが、ロサンゼルスからオースティンへの飛行機の残席がかなり少ないということでした。実際には増便されると思いますが、11月の時点でこの予約状況には驚きました。数万人がこの時期に一斉にオースティンへ向かうと思えばこのような状況になるのも納得ですね。参考までに航空券の金額を記載しておきます。

格安チケットなので予約をした時点でキャンセル不可という恐ろしいシステムでしたが予想よりは安かったですね。というわけで11月に飛行機の予約を完了させました!飛行機会社は格安でお馴染みのDELTAです!機内食がもの凄かったことをお知らせしておきます。。。

旅客運賃 97,000円
空港使用料 2,670円
海外空港諸税 8,340円
燃油サーチャージ 21,000円
合計 129,010円

次回は準備・宿泊Airbnd編です!

 

はじめまして、と長野県上田市のお勧めグルメ。

はじめまして、22世紀アートスタッフのYです。
この度22世紀アートスタッフブログをはじめさせていただくことになりました。

よろしくお願いいたします。

まずは簡単な自己紹介から。
プロフィールのキャラクター通り、ほぼ毎日帽子を被っており、眼鏡で髭をたくわえております。一度見たら忘れられない系キャラです。妻と犬(シーズー犬)と日々仲良く暮らしております。

このブログのコンセプトですが、特に何もありません。笑。

日常のことから仕事のことまで色々書いていきたいと思ってますので時間のある時にちらっと覗きに来ていただけたらと思います。

さて、皆さんシルバーウィークはどのようにお過ごしになりましたか?私は妻の実家がある今旬な場所、長野県上田市へ帰省してきました。大河ドラマ真田丸の影響で観光案内を片手に上田城や駅周辺を散歩されている方がとても多くいました。個人商店も増えましたね。街が活気づいていて嬉しくなりました。
上田には美味しいものがたくさんあります。数多くの蕎麦屋がありますし、上田市ソウルフードであるあんかけ焼きそばもあります。今の時期だとやはり松茸ですね。スーパーにも地元で採れた松茸が並んでいていい香りをさせています。野菜も果物もとてもおいしいです。
これから初めて上田に行ってみようかと思っている方やもう一度行ってみようと思っている方もいらっしゃるでしょう。そんな方のために私がお勧めする上田市の食事処を紹介したいと思います!

1.刀屋
池波正太郎が愛した老舗蕎麦屋
https://tabelog.com/nagano/A2004/A200401/20000113/

量がとっても多いので注文は要注意ですよ。店構えも雰囲気も味も素晴らしいです。上田に行ったらまずはこちらでお蕎麦を!という方も多いです。

f:id:staffblog22art:20160927115014j:plain

 

2.そば処 美田村
別所温泉から車で5分、名物オヤジの絶品田舎おしぼりそば
https://tabelog.com/nagano/A2004/A200401/20001958/

大五郎カットのオヤジさんが出迎えてくれますよ。名物のおしぼりそばは辛味の効いたつけ汁がクセになります。十割そばも美味しいです。

f:id:staffblog22art:20160927115025j:plain

 

3.日昌亭
上田市民のソウルフード、ここでしか食べられないあんかけ焼きそばとワンタン
https://tabelog.com/nagano/A2004/A200401/20002459/

今や上田を代表するお店でとにかく混んでいます。昼時は1時間以上待たされることもあるので時間をずらすか、持ち帰りをするのが良いと思います。持ち帰りは時間指定もできますよ。セットメニューがお得なのでぜひ焼きそばとわんたんのセットを。

f:id:staffblog22art:20160927115053j:plain

 

4.福昇亭
日昌亭ののれん分け?あんかけ焼きそば
https://tabelog.com/nagano/A2004/A200401/20002465/

(日昌亭とほぼ同じなので写真は割愛)

日昌亭が混んでいたら福昇亭へ、という方も多いようですがお店自体はかなり小さいのでこちらも待つことを覚悟のうえで。


5.鰻 若菜館
明治30年創業、駅前に構える老舗うなぎ屋
https://tabelog.com/nagano/A2004/A200401/20000915/

駅から徒歩1分にあり、鰻ですが注文から出てくるまで時間がそんなにかからないので新幹線待ちの方も多いように見受けられます。皮は香ばしく、ふわふわに焼かれた美味しい鰻が食べれます。

f:id:staffblog22art:20160927115109p:plain


6.鯉西つけば
千曲川沿いに立つつけば小屋、鮎を堪能
https://tabelog.com/nagano/A2004/A200401/20014946/

春先から千曲川沿いに建てられるつけば小屋で上田の名物の一つでもあります。千曲川の流れる音を聞きながらいただく鮎の塩焼きや鮎の刺身、それはそれは贅沢な時間です。

f:id:staffblog22art:20160927115120j:plain


7.富士アイス
海野町にある上田名物じまん焼き(大判焼き)
https://tabelog.com/nagano/A2004/A200401/20009498/

一個80円のじまん焼きはあんこがギッシリと詰まっていてとても美味しいです。以前は店内でラーメンなんかも食べれたんですが、今は休止中のようですね。昔ながらのソフトクリームもおすすめです。

f:id:staffblog22art:20160927120609j:plain

 

8.別所エスプレッソ
雑誌POPEYEにも掲載された別所温泉に立つエスプレッソバー
https://tabelog.com/nagano/A2004/A200401/20016791/ 

温泉に入ったあとはぜひこちらでコーヒーを!マスターもとっても感じの良い方で居心地の良いお店です。お店は狭いですが中で飲むこともできますのでまったりと。

f:id:staffblog22art:20160927132629j:plain

 

9.あぶりや 平平
隠れ名店、知る人だけが予約の取れる焼肉屋
https://tabelog.com/nagano/A2004/A200401/20010715/

あまり人には教えたくないお店...笑。とにかく予約の電話がつながらないのでなかなか行く機会がありません。私も2年近くいけてません。お肉屋さんが経営している焼肉屋なのでお肉の質がすごいのと、とにかく安いです。納豆ピザもぜひ。

f:id:staffblog22art:20160927132903j:plain

 

10.熊人
上田市No.1ラーメン屋
https://tabelog.com/nagano/A2004/A200401/20001717/

こちらは車がないといけない場所ではありますがお勧めです。

こちらもとにかく待ちます。テーブルについてからも待ちますが、置いてある小麦を炙ったものを食べながら待ってください。笑。地元の食材を多く使っているのもよいですね。

f:id:staffblog22art:20160927115256p:plain

 

お土産編
やまざきや
おやきのお土産ならここ
https://tabelog.com/nagano/A2004/A200401/20008444/

 

まだまだお勧めのお店はありますが、今日はこの辺で。

次は正月に帰省するのでまたそのタイミングで紹介出来たらと思います。

では!